ケンコス4を買って2カ月がたちました。

 

買ってから毎日使ってみた私が、ケンコス4を10項目でガチ評価しました。

 

評価は私の主観だけでなく、他社製品との比較や他の人の口コミも加味しています。

 

評価方法は5段階評価としました。

 

 

水素濃度 ★★☆☆☆

ケンコス4の仕様を見ると、水素発生量は1分間に最大8mLとなっています。

 

これは5分間の吸引で1.0ppmの水素水を3.5リットル飲んだ水素摂取量に相当するそうです。

 

大人が1分間に呼吸する空気の量は大体4000〜5000mLと言われているので、実際に吸っている水素の濃度は0.16%〜0.2%という計算になります。

 

では他の水素吸入器はどうかというと、これが単位や計測方法がバラバラでちゃんと比較はできませんでした。

 

とはいえケンコス4は小型なぶん発生する水素濃度は高くはありません。

 

できるだけ濃い水素を吸入したいなら、据え置き型を選ぶ方がよいでしょう。

 

そのため評価としては5段階のうち2としました。

 

それでも水素水を飲むのと比べると格段に水素の摂取効率はいいと言えます。

 

 

 

健康効果 ★★★★☆

以前調べたケンコス4の口コミや実際の自分で使っている感覚を元に、評価は4としました。

 

水素濃度が高くないなら健康効果も高くないのかと思ったら、どうやらそうではないようです。

 

水素が体の中で貯めておけないので、高濃度の水素をたまに吸入するよりは、低濃度でも頻繁に水素吸入した方が水素吸入の効果が高いと考えられます。

 

他の水素吸入器と比べても、ケンコス4の効果に対する口コミは意外と高評価ですね。

 

健康効果といっても、人によって目的や感じ方は大きく違います。

 

自分自身の感覚だと、安眠効果だけなら評価は5をつけてもいいぐらいです。

 

疲労回復効果も実感できるレベルだし口コミでも疲れ目に効果があったという人がいました。

 

アンチエイジング効果まだ実感として感じられていないので今後に期待ですね。

 

禁煙効果を期待して買う人も多いようですが、禁煙グッズではないので禁煙できるかどうかは別にして体にいい事だけは間違いありません。

 

 

吸い方や使い方の簡単さ ★★★★★

据置型の水素吸入器は、本体を設置して、電源コードを刺して、蒸留水をろ過して、鼻カニューラを装着して、やっと吸い始められます。

 

それに比べてケンコス4はポケットやカバンから取り出したらスイッチ入れて口から吸うだけ。

 

吸い方や使い方の簡単さは文句なしで評価5です。

 

 

お手入れのしやすさ★★★★★

お手入れと言っても、月1回の電解液の入れ替え以外は特にする事なし。

 

吸い口も取り外せるので、汚れが気になったら洗うのは簡単です。

 

お手入れのしやすさも文句なしで評価5ですね。

 

 

故障の少なさ ★★★☆☆

私のケンコス4はまだ新しいので故障は経験していません。

 

口コミでも故障に関する悪い口コミはありませんでした。

 

構造の単純さからいってもそれほど壊れるものとは思えませんね。

 

評価としては一応真ん中の3にしておきます。

 

 

安全性 ★★★★★

ケンコス4は安全性にはかなり気を使った製品だと思います。

 

スイッチは3回押さないとオンにならないし、使用中に傾けすぎると水素発生が止まるし、専用電解液なので塩素ガスは発生しないようにないっています。

 

 

 

本体価格 ★★★★☆

水素吸入器としては安いです。

 

高いという口コミした人は電子タバコやVAPEと比較したのでしょう。

 

何と比較するかによって評価は変わりますが、ここでは水素吸入器として評価しました。

 

初めて買うなら公式サイトのスターターキット41,000円が安くておすすめです。

 

ただし100台限定になっていたので、まだあるかどうかは公式サイトで確認してください。

公式通販サイトは↓

 

消耗品ランニングコスト ★★☆☆☆

ケンコス4の消耗品は、専用電解液、電解槽、フレーバーカートリッジの3種類です。

 

ケンコス4のランニングコスト試算

1回5分を1日5回の使用で水素のみ吸引の場合

  • 電解液は5本入り1,650円を1カ月で3本使ったとして1,650×5/3=990円
  • 電解槽は7,370円しますが交換は6ヶ月毎なので、7,370÷6=1,228円
  • 合計2,218円/月です。

フレーバーを併用の場合は、フレーバーカートリッジが3本入りで2,970円になります。
VAPEのようにフレーバ付きの蒸気を楽しむと結構高くつきますね。

 

ただし水素を吸入するだけならフレーバーカートリッジは不要です。

 

水素吸入だけなら安いですが、ランニングコスト比較ではもっと安い水素吸入器もあったので評価は2としました。

 

 

 

充電時間と利用可能時間 ★★★☆☆

充電にかかる時間は、最長でも約2時間程度です。

 

利用可能時間は、水素のみ吸引の場合は約40分もあるので、充電なしで余裕で1日使えます。

 

フレーバー併用で吸うと約20分になるので、1日5分×4回で終了になってしまいます。

 

また5分以上吸ったら20分以上間隔をあけないといけないということもあり、評価は3としました。

 

 

携帯性 ★★★★★

携帯性は文句なしの評価5で、水素吸入器としてはズバ抜けて小さいです。

 

ただしアイコスやVAPEのサイズを想像していると、思ったより大きく感じるかもしれません。

 

大きさのイメージとしては、昔のガラケーぐらいですね。

 

カバンの隅に入れるなら全く問題ないし、ポケットでもそれほど気になりません。